Monva | Aceite de Oliva Virgen Extra Monva | Aceite de Oliva Virgen Extra Monva | Aceite de Oliva Virgen Extra Monva | Aceite de Oliva Virgen Extra Monva | Aceite de Oliva Virgen Extra Monva | Aceite de Oliva Virgen Extra Monva | Aceite de Oliva Virgen Extra Monva | Aceite de Oliva Virgen Extra Monva | Aceite de Oliva Virgen Extra

シエラマヒナ自然公園は、19,900ヘクタールの広さを持ち、マヒナ山脈の中央部に位置しています。最高地点は、ハエン州で最も高い標高2164mのマジーナ山頂です。

この特殊な地形が、豊かで多様な景観を生み出しており、生態系の代表性や動植物の特異性などの他の要因と結びついて、1989年に自然公園として認定されました。

マヒナ山脈一体には1,290種以上の植物が登録されており、その中にはこの山塊にしか生息しない固有種もあります。山頂には、Arenaria alfacarensis(ノミノツヅリ属植物)、Crepis granatensis(キク科植物)、Lithoda nitida(ホウライソウ科植物)が世界で最も多く生息しています。

さらに、動物相も非常に豊かで、少なくとも240種の脊椎動物が登録されており、中にはスペインアイベックスやイベリアオオヤマネコのような絶滅危惧種もいます。

この土地に恒久的または季節的に生息する185種の鳥類のうち、イヌワシ、ボネリワシ、ハヤブサ、ワシミミズクなどの捕食者や、ムラサキサギ、マガモなどの他の鳥類に注目しなければなりません。

鳥類に続いて哺乳類も27種あり、イノシシ、オオツノヒツジ、キツネ、イタチ、シカなどのほか、アンダルシアシロヤギや黒目ヒツジといった絶滅危惧種の家畜も含まれています。また、爬虫類や両生類も25種登録されており、その中にはエリマキトカゲも含まれています。

自然公園は、マヒナ山脈の中心的存在であり、自然環境に関する知識を得たり、自然と触れ合いながら負担の少ないスポーツを行うのに適した場所です。

この緑豊かな生物多様性は、オリーブ畑の固有の生物多様性を大切にすることでオリーブ畑の収益性を高めることを目的とした「生きたオリーブ畑(”Olivares Vivos”)」イニシアチブ(CSIC、SEO/Birdlife、ハエン大学・評議会などの機関が立ち上げ、欧州委員会とスペイン農業・漁業・食品・環境省が支援)が実施している「Life+プロジェクト」で原産地呼称を導入しています。

MONVAでは、この恵まれた生態系に深い一体感を感じており、栽培、生産、ボトリングの全過程で維持される厳格な持続可能性への取り組みを通じて、その保護に貢献しています。