Monva | Aceite de Oliva Virgen Extra Monva | Aceite de Oliva Virgen Extra Monva | Aceite de Oliva Virgen Extra Monva | Aceite de Oliva Virgen Extra Monva | Aceite de Oliva Virgen Extra Monva | Aceite de Oliva Virgen Extra Monva | Aceite de Oliva Virgen Extra Monva | Aceite de Oliva Virgen Extra Monva | Aceite de Oliva Virgen Extra

Dominus Acebucheは、シエラマヒナ自然公園の麓にあるエステートCortijo Virgen de los Milagrosの丘の標高600mに自生するオリーブの原種アセブチェから手摘みで採取した果実を使用しています。

タイム、ウィンターセイボリー、ローズマリーなどの香り高い植物を含む保護林に囲まれ、自然発生的に生まれた野生のアセブチェは、山の環境に完全に順応して自然に成長します。

果実の収穫は必然的に手作業となり、叩いて実をとるのではなく「ミルキング(ミルクを絞るような)」手法によって行われます。果実はすぐに低温で抽出することで、天然の抗酸化物質を非常に多く含んだ高品質のアセブチーナオイルが毎年約950リットル得られます。

テイスティングプロファイル

外観: ゴールデングリーン
香り: ミント、トマト、草、青リンゴなどの重要な香りを伴ったグリーンフルーツの香ばしい香り
味わい: 味わい:非常に香り高く、緑の葉の香りが優勢です。苦味と渋味のバランスが絶妙。段階的なスパイシーさが加わります。

アセブチェ(野生のオリーブの木)とアセブチーナオイル

アセブチェは、植物学的には、オリーブの木の祖先であるOlea Europea var. Sylvestrisと呼ばれています。シエラマヒナ自然公園では、夏は40度、冬は0度以下になる中地中海性気候の中で、海抜のかなり高い場所に先住民族が現れ始めた最終氷期の終わり頃から存在しています。

海抜の高さ、年間を通じた並外れた温度差、定期的な干ばつによる水のストレスが、マヒナ山脈原産であるアセブチェに、果実の生物活性成分という形で大きな反応をもたらし、アセブチーナオイルに含まれる抗酸化物質(トコフェロール、ポリフェノール)やビタミンA、D、E、Kの増加につながります。

自然発生的に生育する野生のアセブチェは、他のアセブチェとは異なるユニークで再現性のないゲノムを持つ標本であり、この点で、各オリーブ品種に固有のゲノムを共有するすべてのオリーブの木の品種(フェニキア人によってイベリア半島にもたらされた「栽培作物化された」アセブチェ)とは異なるのです。

海抜600メートルのコルティホ・ヴィルヘン・デ・ロス・ミラグロスの丘にあるアセブチェは、次のような特徴を持っています。

  • 岩の多い環境でも成長し、岩の裂け目を利用して初期の成長を遂げることができる。
  • 樹木や潅木のように成長し、通常は大きくならない。
  • 植物的な成長は非常に遅く、寿命は非常に長い。
  • 多くの個体はアセブチーナを産出しないが、花粉を放出する個体であり、この花粉はオリーブの花粉よりも遺伝的に優勢である。
  • 幹は太く頑丈で、根元は球根状になっており、象の足のような形をしている。
  • 灰色がかったトゲのある枝、葉は通常丸く、オリーブの木の葉よりもずっと小さい。
  • また、アセブチーナは、同じ熟度の時点で他のオリーブ品種よりもはるかに小さい。
  • アセブチーナには様々な種類があり、特に小さくて果肉がほとんどないものもあれば、少し大きくて四角い形や細長い形をしているものもある。
  • 実を三次枝につなぐ茎はいつも驚くほど強く、前年の脱水したアセブチーナが枝についたままの状態で見かけることもあります。

アセブチーナオイルの特性

オリーブの果実であるオリーブと、その祖先であるアセブチェの果実であるアセブチーナとの間に見られる、栄養学的、代謝学的、皮膚科学的な薬効を持つ生物活性成分に関する主な違いは、化学分析で測定可能です。 

科学的な調査によると、アセブチーナのオイルは以下成分の含有量が多いという特別な特徴があります。

パルミトオレイン酸:肥満を抑える

一価不飽和脂肪酸で、体重増加を防ぐ健康に非常に有益な成分です。オックスフォード大学の生化学部門によると、脂肪の酸化をコントロールする酵素に集中的に使用されています。

シトスタノール:心血管の健康を改善する

植物性の植物ステロールで、LDLコレステロールを減らし、HDLコレステロールを増やすことで、両者の絶妙なバランスを実現することから、2000年から心臓病の予防薬として米国FDAに認可されています。

α-トコフェロール:細胞の老化を防ぐ

体内でビタミンEとして合成される天然の抗酸化物質で、フリーラジカルの働きを中和することで、細胞膜の脂肪酸を酸化の影響から保護します。

(*) 出典: セビーリャ大学分析化学部、ヘスス・エスペホ・マケダ氏。アセスブチーナオイルとバージンオリーブオイルの比較分析研究。

オレオカンタール

体に良い天然の抗炎症剤で、アセブチーナやエクストラ・バージン・オリーブオイルに多く含まれ、特にその風味にスパイスや苦味があるものに多く含まれます。これは、心血管疾患や神経変性疾患、関節の摩耗などに大きな効果があります。さらに、試験管内でのテストでは、がん細胞を排除することがわかっているため、がん予防にも効果が期待できます。

運動、健康的な食事、エクストラバージンオイルの定期的な摂取は、細菌やウイルスの感染に対する免疫反応を促進します。ハエン大学の健康科学部は、体の防御プロセスに参加する細胞の数が増加し、外部の病原体に対する免疫システムの抵抗力が高まることを実証しました。