Monva | Aceite de Oliva Virgen Extra Monva | Aceite de Oliva Virgen Extra Monva | Aceite de Oliva Virgen Extra Monva | Aceite de Oliva Virgen Extra Monva | Aceite de Oliva Virgen Extra Monva | Aceite de Oliva Virgen Extra Monva | Aceite de Oliva Virgen Extra Monva | Aceite de Oliva Virgen Extra Monva | Aceite de Oliva Virgen Extra

脂肪は、主にエネルギー的な機能を持つ必須の栄養物質であり、細胞および細胞内構造の組織を維持するために必要な要素です。

エクストラ・バージン・オリーブオイルには、オレイン酸が約80%含まれています。オレイン酸は、血液中のLDLコレステロール値(悪玉コレステロール)を下げ、HDLコレステロール値(善玉コレステロール)を上げる働きがあります。これにより、動脈硬化やその他の心血管疾患のリスクを低減することができます。

残りの20%は、8%のリノール酸によって構成されています(オメガ6)。 リノール酸の役割の一つは、免疫系の正しい機能を維持し、細胞膜や神経細胞の形成を行うことです。さらに、血管拡張作用、抗凝固作用、抗炎症作用もあります。

脂肪酸には、その飽和度によって、飽和脂肪酸(バターやクリームなどの動物性油や、ココナッツやパームなどの植物性油)と不飽和脂肪酸があります。エクストラ・バージン・オリーブオイルに含まれるのは不飽和脂肪酸であり、私たちの健康に有益な多くの特性を担っています。飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の健康に関する主な違いは、コレステロールを増加させる種類です。脂肪酸がLDL(悪玉)コレステロール値を増加させるのに対し、不飽和脂肪酸はHDL(善玉)コレステロール値を増加させ、LDL(悪玉)コレステロール値を減少させます。

不飽和脂肪酸には、オレイン酸などの一価不飽和と、リノール酸やα-リノール酸などの多価不飽和の2種類があります。不飽和脂肪酸は、私たちの生命維持に欠かせないものです。

抗酸化物質が豊富に含まれているため、老化現象に良い影響を与えるユニークな脂肪です。その結果、循環器系(血圧、コレステロール、動脈硬化)、代謝系(糖尿病、肥満)、皮膚系(アトピー、乾燥肌、シワ、変色)、骨系(骨粗しょう症、関節リウマチ)など、健康に様々な効果をもたらします。これは、オリーブの免疫システムとして機能する抗酸化物質、ビタミンEとベータカロチンの防御メカニズムによるものです。

結論として、エクストラ・バージン・オリーブオイルを食物ピラミッドの基礎に含めることで、私たちの体はよりゆっくりと老いていき、より長く健康を保つことができます。

エクストラ・バージン・オリーブオイルは、2010年にユネスコの世界遺産に登録された「地中海式ダイエット」の主役です。この黄金の液体は、食べ物の風味を良くして美味しくするだけでなく、生体の消化を良くする働きがあります。パン、パスタ、野菜、豆類、果物、ナッツ類、エクストラ・バージン。オリーブオイルを主な脂肪源とし、魚を適度に食べ、赤身の肉をたまに食べることが、地中海式ダイエットの特徴です。この種の食事には、世界で最も優れた心臓血管の健康レベルを統合し、維持するための豊富な特性と特徴があります。

エクストラ・バージン・オリーブオイルの健康効果については、科学的なコンセンサスが得られています。

オリーブ生産者、オリーブオイルボトラー、販売者としての私たちの優先事項は、優れた品質のエクストラ・バージン・オリーブオイルを手に入れることだけではなく、その用途や料理の特性を発見し、普及させるための科学的研究に協力することで、健康上の利点を広めることにも貢献することです。

1985年にゴールドスタイン博士とブラウン博士が心血管疾患におけるコレステロールの影響を発見し、ノーベル賞を受賞して以来、グランデ・コヴィアン教授の研究やその後の数え切れないほどの科学的研究により、コレステロール値のバランスを整え、動脈硬化の発症を防ぐためにエクストラ・バージン・オリーブオイルを食事に取り入れることの利点が証明されています。

サラゴサ大学医学部の循環器学と臨床生化学の教授陣が行った研究では、ヒマワリオイルの代わりにオリーブオイルを10週間摂取すると、血液中のコレステロールが平均で13%減少することが証明されました。

エクストラ・バージン・オリーブオイルが私たちの健康にもたらす数多くのメリットについては、科学的な合意が得られていますが、その中でも特筆すべきことがあります。

  • 抗酸化作用により、細胞の老化を防止
  • コレステロール値の上昇を抑制
  • 胃潰瘍の発症を抑制
  • 骨の石灰化を改善
  • 加齢に伴うカルシウムの減少を抑制
  • 皮膚を保護し、表皮の保護剤として機能
  • 新陳代謝を高め、組織を再生
  • 効率的に便秘を解消
  • 糖尿病患者の血糖値を低下
  • 乳がんのリスクを低減

オリーブオイルインタープロフェッショナル協会は、地中海式食生活による予防に関するPredimed社の研究から抽出された結論に基づき、オリーブオイルの1日の推奨量を40ml(37g)と定めました。

保存と賞味期限について

オイルの酸化を促進する光や温度変化から保護するために、暗くて涼しい場所に保管してください。理想的な保存温度は20º Cです。

室温が低いときには、ボトルの底に淡い色のパールが現れることがあります。これは脂肪酸のトリグリセリドが析出したもので、室温が上がるとすぐに消えてしまうので、まったく無害です。これは、オイルが過度に低い温度で保存されていることを示しています。

エクストラ・バージン・オリーブオイルの賞味期限は、オリーブの品種、オイルの品質、化学組成や保存方法など、いくつかの要素によって異なります。

エクストラ・バージン・オリーブオイルは、通常、他のオイルよりも酸化しにくい性質を持っています。

高品質のエクストラ・バージン・オリーブオイルの中でも、MONVAのようなピクアル種のオリーブから作られたものは、オレイン酸、抗酸化物質、天然のプロビタミンがより多く含まれている可能性があり、酸化への抵抗力がより強く、健康への効果もより高いと考えられます。

オリーブオイルの化学的酸度について

酸度は、オリーブオイルの化学的パラメータの1つで、オイルに含まれる遊離脂肪酸のレベルを示し、それがオイルを分解し、酸化や劣化を促進します。したがって、酸度が低ければ低いほど、オイルの安定性は高くなります。

酸度が低い(0.4℃以下)ということは、オリーブの実を採取した直後に、自然で無理のない方法で抽出されたことを意味します。

オイルの酸度は時間とともに変化し、その変化は品質(純度と鮮度の観点から)と保存方法に左右されます。

欧州連合の規制では、オイルの純度と品質を測定する他の化学的パラメーターである過酸化物指数、K-270、K-232、Delta Kの情報を含めずに酸度を知らせることはできないと定められています。

揚げ物:油を予熱しておき、残ったものを活用します。

エクストラ・バージン・オリーブオイルは、一度熱するとほとんどの食材を層で覆い、種子系オイルに見られるような脂肪の吸収による油っぽさを防ぐことができます。揚げ物は、油の温度が下がらないように小分けにして行う必要があります。

揚げた後、パン粉や小麦粉などの揚げカスが残ることがあります。それらの揚げカスは、ストレーナーで取り除く必要があります。コーヒー用のペーパーフィルターを使ってもいいでしょう。

オイルは必ずエクストラ・バージン・オリーブオイルを使用してください。バージンオイルでないものは、オリーブオイルでもシードオイルでも、高温への抵抗力が弱く、油へのダメージが大きくなります。

エクストラ・バージン・オリーブオイルは、正しく処理されていれば、4〜5回の揚げ物をすることができます。これだけの量を使い切った後、残ったオイルの処理方法は2つあります。廃棄物リサイクルセンターに持ち込むか(使用済みオイルは決して流しに捨ててはいけません)、昔ながらの石鹸を作るかです。